嬉野市

嬉野市の歴代市長


初代:谷口太一郎(2006年~2018年)
2代:村上大祐(2018年~ )


■嬉野市(うれしのし)は、佐賀県西部に位置する市である

■2006年1月1日、嬉野町・塩田町が新設合併・市制施行し、嬉野市発足。佐賀県で9番目の市として誕生した

■嬉野温泉が所在する

■ほぼ全域が周囲を比較的緩やかな山に囲まれた盆地で、東部の一部が白石平野に属する

■観光業と農業が盛んで、米、麦類のほかに茶の生産が



略歴・経歴(プロフィール)
■谷口太一郎(たにぐち・たいちろう)
日本の政治家。佐賀県嬉野市長、嬉野町長などを歴任。佐賀県町村会副会長や、藤津郡町村会会長、嬉野町体育協会会長、嬉野町社会福祉協議会会長、全国市長会理事などを歴任。1946年9月8日生まれ。佐賀県藤津郡嬉野町出身。嬉野町立嬉野小学校、嬉野町立嬉野中学校卒業後、佐賀県立武雄高等学校卒業。同志社大学を卒業し佐賀新聞社へ入社。 1995年、嬉野町長に就任。2006年、嬉野市長。趣味:剣道(五段)・カラオケ

水俣市

水俣市の歴代市長


吉井正澄(1994年~2002年)
江口隆一(2002年~2006年)
宮本勝彬(2006年~2014年)
西田弘志(2014年~2018年)
高岡利治(2018年~ )


■水俣市(みなまたし)は、熊本県の最南部に位置する市である

■西は不知火海に面して天草の島々を望み、もともと海の幸、山の幸に恵まれた風光明媚な土地である

■熊本県の最南部、熊本市から南西に約70kmの場所に位置する。南は鹿児島県に接し、西は不知火海(八代海)に面するリアス式海岸である

■1949年 市制を施行し、水俣市となる


略歴・経歴(プロフィール)
■西田弘志(にしだ・ひろし)
日本の政治家。熊本県水俣市長。1958年11月2日、熊本県水俣市で生まれる。熊本県立水俣高等学校卒業。水俣市立水俣第一小学校PTA会長。水俣青年会議所理事長。水俣市議会議員(3期)。2014年2月、水俣市長に就任。趣味:サッカー観戦、ホームページ作成(一晩徹夜でつくる自信あり)。資格:「宅地建物取引主任者」、「ホームヘルパー2級」、「熊本大学大学院「環境MOTコース」

人吉市

人吉市の歴代市長


■歴代市長(官選)
初代:高島愛之(1942年~1943年)
2代:渕田長一郎(1943年~1946年)
3代:山本平作(1946年~1946年)

■歴代市長(公選)
4代:小出政喜(1947年~1951年)
5代:黒木儀寿圭(1951年~1955年)
6代:渕田長一郎(1955年~1967年)
7代:永田正義(1967年~1987年)
8代:福永浩介(1987年~2007年)
9代:田中信孝(2007年~2015年)
10代:松岡隼人(2015年~ )


■人吉市(ひとよしし)は、熊本県最南部にある市である

■1942年、人吉町・西瀬村・中原村・藍田村が対等合併し市制施行。人吉市が発足

■九州山地に囲まれた人吉盆地に位置し、球磨川沿いの温泉と川下りで有名

■人吉・球磨地方の中心地

■人吉藩相良氏の城下町として栄えた


略歴・経歴(プロフィール)
■松岡隼人(まつおか・はやと)
日本の政治家。熊本県人吉市長(10代)。1977年7月24日生まれ。熊本県人吉市出身。人吉市立人吉西小学校、人吉市立第二中学校、熊本県立人吉高等学校、熊本大学教育学部卒業。人吉市議会議員(2期)。2015年、人吉市長。趣味はマラソン・読書。座右の銘は『謙虚』

八代市

八代市の歴代市長


初代:坂田孝志(2005年~2009年)
2代:福島和敏(2009年~2013年)
3代:中村博生(2013年~ )


■八代市(やつしろし)は、熊本県の南の中心的な市で、田園工業都市である

■2005年、近隣町村である八代郡鏡町・千丁町・泉村・坂本村・東陽村と新設合併し新たに八代市が発足した

■日本三大急流の一つである球磨川が分流して不知火海に注ぐ三角州地帯の北岸に市街地がある

■江戸時代には、熊本藩主細川氏の筆頭家老松井氏の城下町として栄えた



略歴・経歴(プロフィール)
■中村博生(なかむら・ひろお)
日本の政治家。熊本県八代市長(3代)。昭和33年10月9日生まれ。熊本県旧八代市出身。熊本県立小川工業高等学校卒業。中九州短期大学卒業。株式会社中村組に就職。1991年、同社の代表取締役に就任。旧八代市議会議員(2期)。熊本県議(4期)。2013年、八代市長。血液型A型。趣味は家庭菜園。愛読書:「歴史関係をよく読む」。好きな食べ物:「肉・魚が好き(苦手なものはない)」

玉名市

玉名市の歴代市長


初代:島津勇典(2005年~2009年)
2代:髙嵜哲哉(2009年~2017年)
3代:蔵原隆浩(2017年~ )


■玉名市(たまなし)は、熊本県北の中心的な市で、国や県の出先機関や九州新幹線新玉名駅が置かれている

■1954年、玉名町・滑石村・豊水村・石貫村・玉名村・小田村・梅林村・伊倉町・築山村・大浜町・八嘉村・月瀬村が新設合併し、市制施行。(旧)玉名市が発足

■2005年10月3日に隣接する岱明町・横島町・天水町と対等合併し、新市制による玉名市となった

■市内にある玉名温泉、小天温泉は有名

■特産品:玉名ラーメン・海苔・蜂蜜・辛子蓮根・いちご・トマト


略歴・経歴(プロフィール)
■髙嵜哲哉(たかさき・てつや)
日本の政治家。玉名市長(2代)。昭和20年(1945年)8月24日生まれ 。玉名高等学校卒業。玉名市青年団協議会会長就任。玉名青年会議所理事長就任。玉名市議会議員(4期)。旧玉名市長を経て、2005年、玉名市長に就任。趣味:登山、ウクレレ。座右の銘:『率先垂範』
プロフィール

rekidaicity

Author:rekidaicity
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる