FC2ブログ

盛岡市

盛岡市の歴代市長


初代:目時敬之(1889年~1894年)
2代:清岡等(1894年~1901年)
3代:関定孝(1901年~1906年)
4代:北田親氏(1906年~1907年)
5代:大矢馬太郎(1907年~1910年)
6代:北田親氏(1910年~1928年)
7代:堀合由巳(1929年~1929年)
8代:中村謙蔵(1929年~1934年)
9代:大矢馬太郎(1934年~1939年)
10代:見坊田鶴雄(1939年~1943年)
11代:二見直三(1943年~1946年)
12代:小泉多三郎(1947年~1952年)2期
13代:二見直三(1952年~1953年)
14代:山本弥之助(1954年~1965年)3期
15代:吉岡誠(1965年~1969年)
16代:工藤巌(1969年~1979年)3期
17代:太田大三(1979年~1995年)4期
18代:桑島博(1995年~2003年)2期
19代:谷藤裕明(2003年~ )


■盛岡市(もりおかし)は、岩手県の県庁所在地である

■平安時代、桓武天皇の命により志波城が置かれ、律令制下となる。安土桃山時代に勢力を広げた南部氏が盛岡城を築いて以後、城下町として発達。明治以後は岩手県の県庁所在地となる


略歴・経歴(プロフィール)
■清岡等(きよおか・ひとし)
【1864年~1923年】日本の政治家。岩手県盛岡市長(2代)。陸奥国盛岡(現岩手県盛岡市)生まれ。父親行三の関係で秋田で過ごし太平学校(旧制秋田中学校、現秋田県立秋田高等学校)を卒業。1882年から1894年まで岩手県庁に勤務。1894年から1901年まで盛岡市長を務めた。1902年の第7回衆議院議員総選挙に出馬して原敬に敗れる。その後、盛岡電気社長、巖手日報の主筆、同社長などの事業を手がけた


略歴・経歴(プロフィール)
■谷藤裕明(たにふじ・ひろあき)
日本の政治家。岩手県盛岡市長(19代)。1950年4月29日岩手県盛岡市生まれ。岩手県立盛岡第一高等学校、早稲田大学教育学部卒業。大学卒業後、盛岡市に本社を置く株式会社橋市の役員を経て、1991年に岩手県議会議員選挙に盛岡市選挙区から出馬し、初当選を果たした。以後3期連続当選。2001年、岩手県議会議長に就任。2003年 盛岡市長に就任
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rekidaicity

Author:rekidaicity
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる