都城市

都城市の歴代市長


■旧・都城市長
初代:財部実秀(1924年~1926年)
2代:森迫熊市(1927年~1929年)
3代:大山綱治(1930年~1933年)
4代:曽木重貴(1934年~1938年)
5代:財部実秀(1938年~1941年)
6代:曽木重貴(1941年~1945年)
7代:藤井真透(1945年~1946年)
8代:森迫熊市(1946年~1946年)
9代:瀬戸山三男(1947年就任)※以降公選
10代:有田秀秋(1949年就任)
11代:曽木重貴(1953年就任)
12代:蒲生昌作(1954年就任)
13代:有田秀秋(1966年就任)
14代:堀之内久男(1969年就任)
15代:瀧内正(1976年就任)
16代:岩橋辰也(1984年就任)
17代:長峯誠(2004年就任)

■都城市長
初代:長峯誠(2006年~2012年)
2代:池田宜永(2012年~ )


■都城市(みやこのじょうし)は、宮崎県の南西端に位置する市である

■1924年4月1日 都城町が市制施行。(旧)都城市が発足

■2006年1月1日(旧)都城市・山之口町・高城町・山田町・高崎町が合併(新設合併)し都城市が発足

■広大な都城盆地の中にあり、都城盆地一帯の拠点都市である

■宮崎と鹿児島の中間地点にあたる主要都市である。 かつて薩摩藩領であったため鹿児島弁に極めて近い諸県弁を話すなど、薩摩の文化を色濃く残している


■略歴・経歴(プロフィール)
池田宜永(いけだ・たかひさ)
日本の政治家。宮崎県都城市長(2代)。1971年4月7日生まれ。宮崎県都城市出身。1994年3月、九州大学経済学部経済学科卒業。同年4月、大蔵省(現財務省)に入省。1999年3月、東京大学大学院経済学研究科修士課程修了。2007年4月、宮崎県都城市の副市長に就任。2012年6月、財務省を退職。2012年11月、都城市長に就任
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rekidaicity

Author:rekidaicity
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる