FC2ブログ

白石市

白石市の歴代市長


■歴代町長
初代:斎藤吉弥(1889年~1890年)
2代:鈴木味右ェ門(1890年~1891年)
3代:斎藤吉弥(1891年~1892年)
4代:今泉杏庵1892年~1893年)
5代:渡辺儀蔵1893年~1895年)
6代:斎藤吉弥1895年~1901年)
7代:水野健治(1901年~1901年)
8代:村上伊佐治(1901年~1901年)
9代:十二村辰五郎(1901年~1905年)
10代:水野健治(1905年~1914年)
11代:鈴木惣四郎(1914年~1923年)
12代:菅野円蔵(1923年~1926年)
13代:鈴木富太郎(1926年~1927年)
14代:鈴木俊一郎(1927年~1936年)
15代:和泉辰治(1936年~1937年)
16代:鈴木俊一郎(1937年~1940年)
17代:朝倉松吉(1940年~1946年)
18代:阿子島俊治(1946年~1947年)
19代:麻生寛道(1947年~1954年)


■歴代市長
初代:麻生寛道(1954年~1976年)
2代:鈴木孝一郎(1976年~1980年)
3代:関谷宗一(1980年~1984年)
4代:川井貞一(1984年~2004年)
5代:風間康静(2004年~2016年)
6代:山田裕一(2016年~ )


■白石市(しろいしし)は、宮城県南部、蔵王連峰のふもとに位置する市である

■主に白石城の城下町として繁栄を築き上げ、それに伴う名所や旧跡が点在する

■古代より、関東から奥羽(東北地方)へと続く東街道の入口に位置し、交通の要衝であった。鎌倉時代から室町時代まで、刈田郡を治める豪族、白石氏が支配していた

■1954年4月1日 白石町と大平村・大鷹沢村・越河村・斎川村・白川村・福岡村が合併し、白石市が発足


略歴・経歴(プロフィール)
■風間康静(かざま・こうじょう)
日本の政治家。宮城県白石市長(5代)。1960年12月23日生まれ。宮城県白石市出身。1983年3月、立正大学仏教学部卒業。1991年4月、学校法人ひかり幼稚園の副園長に就任。市内柳町にある妙見寺の副住職も兼ねる。2004年11月14日 白石市長に就任。趣味:ぶらり旅。好きな言葉:「為せば成る」
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rekidaicity

Author:rekidaicity
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる