神埼市

神埼市の歴代市長


初代:松本茂幸(2006年~ )


■神埼市(かんざきし)は、佐賀県東部に位置する市である

■2006年、神埼町・千代田町・脊振村が合併・市制施行し、神埼市として発足。佐賀県で10番目の市であり、同時に佐賀県から村が消滅した

■佐賀市中心部から北東約10kmの場所に位置し、南北に細長い市域をもつ。北部は、脊振山地の中にある

■神埼市の農産物
黄金晴を母に、コシヒカリを父に持つ良質の米「ひのひかり」を生産している。つやつやとし、ベトつかずコクのある旨味。また、もち、せんべい等の材料となるもち米「ヒヨクモチ」を栽培し、もち米作付ほ場の団地化を推進し、全国一のもち米団地を目指している



略歴・経歴(プロフィール)
■松本茂幸(まつもと・しげゆき)
日本の政治家。佐賀県神埼市初代市長。神埼町長(1期)。1950年8月2日生まれ。佐賀県神埼町本堀出身。神埼町立神埼中学校、佐賀県立神埼高等学校卒業。神埼町役場に採用される。東洋大学法学部(通信教育)を卒業。神埼町長。2006年、神埼市初代市長
スポンサーサイト

小城市

小城市の歴代市長


初代:江里口秀次(2005年~ )


■小城市(おぎし)は、佐賀県の中央部に位置する市である

■2005年、平成の大合併により小城町・三日月町・牛津町・芦刈町が合併し市制施行、小城市が発足

■佐賀県の中央部に位置し、県庁所在地佐賀市に隣接する。市役所本庁の所在地である旧牛津町中心部は佐賀市中心部から真西へ約10kmの場所に位置している

■夏は高温多湿でやや蒸し暑く、冬は乾燥した北西の季節風(天山おろし)が強いのが特徴

■地勢的には、北部に天山山系がそびえ、中央部は肥沃な佐賀平野が開けている。また、南部には農業用排水路のクリーク地帯が縦横に広がり、日本一の干潟・ 有明海に面している



略歴・経歴(プロフィール)
■江里口秀次(えりぐち・しゅうじ)
日本の政治家。佐賀県小城市長(初代)、小城町長(2期)歴任。1952年10月30日生まれ。佐賀県小城町出身。小城町立小城中学校、佐賀県立小城高等学校、西南学院大学商学部卒業。(社)佐賀青年会議所理事長。小城高校PTA会長。小城町長2期務めた後、小城市長に就任。趣味:剣道(6段)、読書

藤岡市

藤岡市の歴代市長


初代:新井利明(2002年~2018年)
2代:新井雅博(2018年~ )


■藤岡市(ふじおかし)は、群馬県南西部に位置する市である

■1954年4月1日 多野郡藤岡町・神流村・小野村・美土里村・美九里村が合併し、藤岡市となる

■藤岡市は全国的にも注目される古墳や歴史がある

■埴輪や国分寺の瓦を焼いた窯の遺跡が残され、特産の藤岡瓦にもその伝統が伝えられている

■江戸時代には日野絹の集散地として栄え、高山社に代表される養蚕業の先進地として発展した


略歴・経歴(プロフィール)
■新井利明(あらい・としあき)
日本の政治家。群馬県藤岡市長。財団法人藤岡市文化振興事業団理事長、財団法人群馬県下水道公社理事。1953年10月24日生まれ。群馬県多野郡神流町(旧万場町)出身。法政大学卒業。第67代内閣総理大臣福田赳夫の秘書を経て、福田康夫の秘書となる。福田が森内閣・小泉内閣で内閣官房長官を務めた際には、内閣官房長官秘書官として福田を支えた。2002年5月10日 藤岡市長に就任。血液型 O型。趣味:野球観戦。座右の銘:『誠心誠意』

鹿島市

鹿島市の歴代市長


初代:松浦茂(1954年~1966年)
2代:矢野正治(1966年~1982年)
3代:馬場勝(1982年~1990年)
4代:桑原允彦(1990年~2010年)
5代:樋口久俊(2010年~ )


■鹿島市(かしまし)は、佐賀県にある市である

■1954年、 鹿島町・能古見村・古枝村・浜町・鹿島村が合併、同時に市制を施行し、鹿島市となる

■佐賀県の西南部に位置し、東には有明海が広がり、西は多良岳山系に囲まれ、自然環境に恵まれている

■観光面では、年間280万人の参拝客が訪れる日本三大稲荷の一つの祐徳稲荷神社や歴史的な家屋が建ち並ぶ「酒蔵通り」などがある



略歴・経歴(プロフィール)
■樋口久俊(ひぐち・ひさとし)
日本の政治家、佐賀県鹿島市長。1946年2月12日生まれ。佐賀県鹿島市音成出身。東京大学法学部卒業。農林水産省入省。農産園芸局長。畜産局長。退官後、神田外語大学の客員教授。2010年、鹿島市長。趣味:「ゴルフ、皿踊り」。尊敬する人物:田澤義鋪(鹿島市出身で青年団の父と称される社会教育家)

伊万里市

伊万里市の歴代市長


川本明( ~2002年)
塚部芳和(2002年~2018年)
深浦弘信(2018年~ )


■伊万里市(いまりし)は、佐賀県の西部にある市である。かつて伊万里港から積み出しを行っていた磁器(伊万里焼)で有名である

■1954年、伊万里町・山代町・東山代村・黒川村・波多津村・南波多村・大川村・松浦村・二里村が対等合併し、伊万里市が発足した

■江戸時代は有田・波佐見・三川内といった周辺地区の陶磁器の積出港として栄えた

■明治時代から昭和30年代までは石炭の積出港としての役割を持っていた



略歴・経歴(プロフィール)
■塚部芳和(つかべ・よしかず)
日本の政治家。佐賀県伊万里市長。1949年12月29日生まれ。佐賀県伊万里市出身。佐賀県立伊万里高等学校卒業。佐賀大学農学部農業土木科卒業。伊万里市役所に入所。産業部農林水産課課長補佐。建設部都市開発課課長。建設部副部長。2002年4月、伊万里市長に就任。趣味:「釣り、野球、水泳」。座右の銘『誠心誠意』。本籍地:伊万里市波多津町
プロフィール

rekidaicity

Author:rekidaicity
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる