FC2ブログ

豊見城市

豊見城市の歴代市長


宜保晴毅(2010年~2018年)
山川仁(2018年~ )


■豊見城市(とみぐすくし)は、沖縄本島南部に位置する市である

■2002年に島尻郡豊見城村から町とならずに、市制を施行した

■沖縄本島南部の西海岸に位置し、東シナ海に面している。東西に長い長方形をなしており、北は那覇市に隣接している。中部を饒波川が西流、のち北流して漫湖へ注ぐ



略歴・経歴(プロフィール)
■宜保晴毅(ぎぼ・はるき)
日本の政治家。沖縄県豊見城市長。豊見城市議会議員(1期) 。1968年3月14日生まれ。沖縄県豊見城村(現・豊見城市高安)出身。沖縄県立豊見城高等学校、沖縄大学法経学部卒業


略歴・経歴(プロフィール)
■山川仁(やまかわ・ひとし)
日本の政治家。沖縄県豊見城市長。豊見城市議会議員(2期)。1974年9月24日生まれ。沖縄県豊見城村(現・豊見城市高嶺)出身。産能短期大学(現・自由が丘産能短期大学)中退。衆議院議員の瑞慶覧長敏の公設第一秘書を務めた
スポンサーサイト

宇土市

宇土市の歴代市長


初代:大和忠三(1958年~1982年)
2代:田代捨己(1982年~1990年)
3代:西田誠(1990年~1998年)
4代:田口信夫(1998年~2010年)
5代:元松茂樹(2010年~ )


■宇土市(うとし)は、熊本県の中央部に位置する市である

■1958年10月1日、網田村を編入し、同時に市制施行。宇土市が発足

■小西行長の城下町である。中世から交通の要地であり、豪族たちがその支配をめぐって争いを続けてきた

■近代以降も、熊本県における一つの商工業の拠点であり続けた

■九州商業銀行(肥後銀行の前身)や火力発電所・マッチ工場などが建設され、商工業の中心であり続けた

■有明海でのりの養殖が盛ん。また、あさりも特産品である


略歴・経歴(プロフィール)
■元松 茂樹(もとまつ・しげき)
日本の政治家。熊本県宇土市長(5代)。1965年3月8日、熊本県宇土郡三角町(現・宇城市)で生まれる。現・熊本学園大学卒業。三角町役場臨時職員に採用される。熊本市の民間企業に勤める。1991年、宇土市役所に採用される。2010年、宇土市長

菊池市

菊池市の歴代市長


江頭実(2013年~ )


■菊池市(きくちし)は、熊本県北部に位置する市である

■1958年8月1日 (旧)菊池市誕生

■2005年、(旧)菊池市、菊池郡七城町・旭志村・泗水町が新設合併し菊池市誕生

■大宰府府官の流れをくむ菊池氏の本拠地・隈府(わいふ)を中心に市街地が形成されている

■隈府を本拠とする菊池氏は、南北朝時代には後醍醐天皇の皇子・征西将軍宮懐良親王を奉じて大宰府に進出し、九州中部・北部における南朝方の一大勢力となった

■菊池氏は日本で初めて戦に槍を持ち込んだとされる。菊池千本槍(きくちせんぼんやり)


略歴・経歴(プロフィール)
■江頭実(えがしら・みのる)
日本の政治家。熊本県菊池市長。1954年4月1日、熊本県菊池郡隈府町(現菊池市隈府)で生まれる。九州大学経済学部卒業。富士銀行に入社。スイス富士銀行社長やロンドン支店長を歴任。2009年、ソフトバンクに入社。2013年、菊池市長。好きな本:『司馬遼太郎の歴史エッセイ』。趣味:ガーデニング、登山、ロッククライミング、マウンテンバイク

山鹿市

山鹿市の歴代市長


初代:中嶋憲正(2005年~ )


■山鹿市(やまがし)は、熊本県の北部に位置する市である

■山鹿温泉や山鹿灯籠まつりで知られる

■景行天皇の時代 - 山鹿灯籠の創始にまつわる伝説がある

■中世に菊池氏が地域一帯を支配するが、菊池氏の没落後、めまぐるしく変動する

■加藤清正が山鹿を含む9郡の領主となり、加藤氏の治世により安定

■16世紀に宿場町として発展

■参勤交代の道となる「豊前街道」が整備され、熊本藩・人吉藩・薩摩藩がこの道を往来した。また、この頃温泉の整備も一段と進んだ



略歴・経歴(プロフィール)
■中嶋憲正(なかしま・けんせい)
日本の政治家。熊本県山鹿市初代市長。1950年7月11日、熊本県で生まれる。熊本県立鹿本高等学校卒業。1988年、鹿本町議会議員選挙に当選。1996年、鹿本町長選挙に当選。2005年 山鹿市市長選挙に当選。趣味『ウォーキング・読書』。好きな言葉『小さいことを重ねることがとんでもないところへ行くただ一つの道だ』イチロー

神埼市

神埼市の歴代市長


初代:松本茂幸(2006年~ )


■神埼市(かんざきし)は、佐賀県東部に位置する市である

■2006年、神埼町・千代田町・脊振村が合併・市制施行し、神埼市として発足。佐賀県で10番目の市であり、同時に佐賀県から村が消滅した

■佐賀市中心部から北東約10kmの場所に位置し、南北に細長い市域をもつ。北部は、脊振山地の中にある

■神埼市の農産物
黄金晴を母に、コシヒカリを父に持つ良質の米「ひのひかり」を生産している。つやつやとし、ベトつかずコクのある旨味。また、もち、せんべい等の材料となるもち米「ヒヨクモチ」を栽培し、もち米作付ほ場の団地化を推進し、全国一のもち米団地を目指している



略歴・経歴(プロフィール)
■松本茂幸(まつもと・しげゆき)
日本の政治家。佐賀県神埼市初代市長。神埼町長(1期)。1950年8月2日生まれ。佐賀県神埼町本堀出身。神埼町立神埼中学校、佐賀県立神埼高等学校卒業。神埼町役場に採用される。東洋大学法学部(通信教育)を卒業。神埼町長。2006年、神埼市初代市長
プロフィール

rekidaicity

Author:rekidaicity
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる